読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

パロキセチン:慢性膵炎の急性増悪

選択的セロトニン再取り込み阻害薬 (SSRI) により慢性膵炎の急性増悪をきたした透析患者の1例

日本透析医学会雑誌Vol. 35 (2002) No. 2 P 115-117

[フルテキストPDF]

被疑薬:パロキセチン(代表的な商品名▶パキシル

症例

 

症例は25歳の男性. アルポート症候群による慢性腎不全にて透析歴12年。慢性膵炎を合併。パニック障害を発症し, 2000年12月より塩酸パロキセチン水和物による治療を開始

症状

 

服用開始21日目の血液検査で膵酵素の急上昇を認めたが自覚症状はなく, 他覚的所見でも異常を認めなかった

疑われた

有害事象

SSRIによる慢性膵炎の急性増悪

その後の経過

SSRI (selective serotonin reuptake inhibitors) と系統の異なるスルピリドに変更したところ膵酵素の上昇はなかった.