読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

ラフチジン:精神障害

ラフチジンによって精神神経症状を発現した2透析症例

日本透析医学会雑誌Vol. 38 (2005) No. 3 P 213-217

[フルテキストPDF]

被疑薬:ラフチジン(代表的な商品名プロテカジン)

症例

 

    64歳男性, ラフチジン20mg/日を10日間投与

    55歳男性, ラフチジン20mg/

症状

 

    幻覚・幻視

    開始後6か月目より幻覚症状が発現(血漿ラフチジン濃度は918.8ng/mL (透析前)で腎機能正常者に同量投与した時の平均ピーク濃度の4.5倍)

疑われた

有害事象

ラフチジンによる精神神経

その後の経過

2症例ともラフチジン投与中止後精神症状が速やかに消失

 

 

※ラフチジン錠は尿中未変化体排泄率は10.9%であるもののバイオアベイラビリティが不明である. そのため腎機能に応じた投与設計は容易ではなく, 透析患者に対しては他の腎排泄型H2拮抗薬と同様に慎重に投与する必要がある