読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

アモキシシリン:出血性大腸炎②

Amoxicillin (AMPC) による抗菌性物質起因性出血性大腸の4

歯科薬物療法Vol. 16 (1997) No. 1 P 6-9

[フルテキストPDF

被疑薬:アモキシシリン(代表的な商品名▶サワシリン パセトシン)

症例

 

50,女性。左側頬部蜂巣炎.に対し、cefazolin4g/day4日 間点滴静注。その後退 しAMPC750mg/dayを投与

症状

 

AMPC服薬7日目に突然の下痢,腹痛,悪心,嘔吐を生じ、下痢 は1日に2030回と頻回であり,次第に鮮血色の血液が混在 した.翌日,血性水様便

疑われた

有害事象

抗菌性物質起因性出血性大腸炎

その後の経過

AMPC投与中止。絶食と補液療法および制吐剤,整腸剤の投与。便培養にて毒素産生性Clostridium difficileが検出さ

れたため,vancomycinの経口投与。下痢は徐々に焼失し、7目にはほぼ改善したため摂食開始し,13日目に退院

 

他症例3例が原著に報告されている。