読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

ランソプラゾール:collagenous colitis③

ランソプラゾール投与中止により慢性下痢症状が改善したCollagenous Colitis1

日本老年医学会雑誌Vol. 49 (2012) No. 5 p. 627-631

フルテキストPDF

被疑薬:ランソプラゾール(代表的な商品名▶タケプロン

 

症例

 

75歳女性.ランソプラゾール(30 mg/日)内服開始後より水様性下痢および体重減少が持続

2年以上にわたり慢性的な下痢が持続

症状

 

20093月より慢性の水様性下痢を認め,

便ヘモグロビン検査が陽性

疑われた

有害事象

ランソプラゾール関連性collagenous colitis

下部消化管内視鏡による病理組織検体から

collagenous colitisの所見を認め,確定診断

その後の経過

ランソプラゾールを中止しファモチジン20 mg/日)に変更,中止後数日で下痢は軽快消失