読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

ロキソプロフェン:急性薬物中毒

ロキソプロフェンの大量服薬による急性薬物中毒の1

日本救急医学会雑誌Vol. 22 (2011) No. 9 P 772-776

[フルテキストPDF]

被疑薬:ロキソプロフェン(代表的な商品名▶ロキソニン

 

症例

 

30代の女性,ロキソプロフェン3,600mgロキソニン®錠,160mg60錠)を服薬し,3時間後に来院

症状

 

来院時は自覚症状なく,意識清明でバイタルサインは安定していたがその後急性中毒症状を発現。

▶消化器症状(食欲不振と心窩部痛が第2病日~3日間継続)

▶急性腎傷害(第3病日まで無尿で経過し,第3病日をピークにBUN 23mg/dlCre 1.93mg/dlまで上昇)

▶肝機能障害(第3病日をピークにGOT 532 IU/lGPT 144 IU/lLDH 405 IU/lまで上昇)

▶血小板減少(第3病日をピークに10.8×104/dlまで低下)

疑われた

有害事象

ロキソプロフェンの大量服薬による急性薬物中毒

その後の経過

経過観察と対症療法で改善し第4病日に退院