読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

アモキシシリン:出血性大腸炎

アモキシシリン投与後にみられた急性出血性大腸炎1

歯科薬物療法Vol. 5 (1986) No. 3 P 135-183

[フルテキストPDF

被疑薬:アモキシシリン(代表的な商品名▶サワシリン パセトシン)

 

症例

 

65,男性.

右側上顎歯槽堤整形術を施行後,感染予防および消炎鎮痛のため,AMPC1.5g/,フルルビプロフェン120mg/,13分服を7日間およびメフェナム酸1500mgを頓用

症状

 

術後3日目の午前4時頃より軽度下腹部痛,下痢が生じたため同日来院時に抗生物質をバカンピシリン(BAPC)1.5/ に変更し,フェンブフェン600mg/,タンニン酸アルブミン2 .0/,ラクトミン1.Og/日を処方。同日午後より血性下痢が出現し,腹 痛,下痢が激化持続

疑われた

有害事象

臨床検査,内視鏡検査,糞便培養検査 およびX線検査から

抗生物質起因の急性出血性大腸と診断

その後の経過

入院22日目に軽快退院