読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

カンデサルタン:血管浮腫 ②

アンギオテンシンII受容体拮抗薬投与・血管再生治療後に発症した喉頭浮腫の1

日本気管食道科学会会報Vol. 59 (2008) No. 6 P 551-555

 

被疑薬:カンデサルタン(代表的な商品名▶ブロプレス)

 

症例

 

76歳男性。3カ月前より高血圧に対しARBであるカンデサルタンシレキセチル。また閉塞性動脈硬化症に対し末梢血幹細胞移植による血管再生治療後7日目

症状

 

吸気時呼吸困難であり,

喉頭内視鏡検査にて著明な喉頭浮腫

疑われた

有害事象

ARBおよび、・血管再生治療に

関連すると思われる喉頭浮腫

その後の経過

緊急気管切開術を施行。発症後10カ月現在も両声帯は正中位固定のままカニューレ抜去困難状態