読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

カンデサルタン:血管浮腫

アンギオテンシンII受容体拮抗薬によると考えられた舌・口底部の血管性浮腫の1

日本口腔外科学会雑誌Vol. 56 (2010) No. 1 p. 36-39

フルテキストPDF

被疑薬:カンデサルタン(代表的な商品名▶ブロプレス)

症例

 

76歳男性。ニフェジピン 10mg 内服でコントロール不良であったため,ニフェジピン 20mg に増量されたが安定せず,カンデサルタンシレキセチル 4mg を併用。チクロピジントリアゾラム

症状

 

舌の腫脹および息苦しい

疑われた

有害事象

血管性浮腫の疑い

その後の経過

コハク酸ヒドロコルチゾンナトリウム250mg を静脈内投与し, 舌右側縁に咬創を認めたため, 予防的に CTRX1 2g 2 の静脈内投与を行った。投薬後に舌, 口底の腫脹は徐々に減少し, 12 時間後の翌朝には腫脹は消失し退院。ARBを中止再発はない。