読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

オセルタミビル:出血性腸炎

リン酸オセルタミビル(タミフル®)が誘因と考えられた急性出血性腸炎1

日本消化器病学会雑誌Vol. 103(2006)No. 11P 1270-1273

[フルテキストPDF]

[Acute hemorrhagic colitis induced by the neuraminidase inhibitor oseltamivir].

Nihon Shokakibyo Gakkai Zasshi.2006 Nov;103(11):1270-3. PMID:17085909

被疑薬:オセルタミビル(代表的な商品名▶タミフル

症例

 

28歳女性.インフルエンザBにて

リン酸オセルタミビルなどを処方。

症状

 

翌日夜間より下腹部痛,下痢,血便が出現大腸内視鏡検査で横行結腸左半部に全周性にわたる表層の出血,びらん

疑われた

有害事象

リン酸オセルタミビルが誘因と考えられた

急性出血性腸炎

その後の経過

内服薬中止にて症状,内視鏡所見の治癒