読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

ダビガトラン:薬剤性食道潰瘍

ダビガトランによる薬剤性食道潰瘍の2

日本消化器内視鏡学会雑誌Vol. 55(2013)No. p. 257-261

被疑薬:ダビガトラン(代表的な商品名▶プラザキサ)

 

症例

 

75歳男性.心房細動にダビガトラン220mg/

68歳女性.発作性心房細動にダビガトラン300mg/日服用

症状

 

5日後より食道閉塞感,ゲップを自覚.上部消化管内視鏡検査にて中部食道に白色の膜様付着物を伴った潰瘍性病変

②開始77日後より胸焼けを自覚.上部消化管内視鏡検査にて中部食道に白色の膜様付着物を伴った潰瘍性病変

疑われた

有害事象

ダビガトランによる薬剤性食道潰瘍

その後の経過

ダビガトランを継続しながらプロトンポンプ阻害剤(以下PPI)を服用したところ潰瘍は治癒

②ダビガトランを中止しPPI投与したところ潰瘍は治癒