読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

レボフロキサシン:薬剤性黄疸

レボフロキサシン (LVFX) 服用3時間後に発現したと考えられる黄疸の1

臨床薬理Vol. 30(1999)No. 1P 319-320

[フルテキストPDF]

被疑薬:レボフロキサシン(代表的な商品名▶クラビット

 

症例

 

46歳男性、身長168.0cm,体重75.0kg

アレルギー歴:なし、飲酒歴:なし。

感染性腸炎疑いでLVFX、シサプリド、整腸剤を投与。

症状

 

服用直後より嘔気が出現。

その約3時間後より黄染傾向

疑われた

有害事象

薬剤性黄疸の疑い

その後の経過

すべての薬剤を中止

治療は絶食と肝庇護剤を投与し57日間を要した。