読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

防風通聖散:薬剤性肝障害③

防風通聖散により黄疸をきたした薬剤性肝障害の1

日本消化器病学会雑誌Vol. 98 (2001) No. 4 P 416-420

[フルテキストPDF

被疑薬:防風通聖散(代表的な商品名▶防風通聖散

 

症例

 

46歳の女性.便秘症に対し防風通聖散を内服

症状

 

13カ月後に黄疸が出現

疑われた

有害事象

リンパ球刺激試験を実施したところ強陽性

防風通聖散による薬剤性肝障害と診断

その後の経過

組織学的にはリンパ球浸潤をともなう門脈域の拡大と線維化が強く回復までに62カ月を要した