読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

シンバスタチン、ベザフィブラート:腎不全

シンバスタチン,ベザフィブラートの併用投与後, 横紋筋融解症による腎不全が悪化するも投与中止にて腎機能が改善した1

病院薬学Vol. 26 (2000) No. 6 P 659-664

[フルテキストPDF]

被疑薬:シンバスタチン(代表的な商品名▶リポバス)

ベザフィブラート(代表的な商品名▶べザトール)

症例

 

64歳女性糖尿病でインスリン。

シンバスタチン10mg、ベザフィブラート400mgを併用

症状

 

労作時呼 吸困難。顔面,四肢に浮腫を認め下肢は筋脱力が高度であり歩行不可能

疑われた

有害事象

横紋筋融解症にともなう腎不全

その後の経過

シンバスタチン、ベザフィブラートを中止し経過観察

腎機能改善

※薬剤師の地域医療日誌:スタチンの急性腎障害リスクはどの程度ですか?

※スタチンと横紋筋融解症頻度

JAMA.2004 Dec 1;292(21):2585-90. Epub 2004 Nov 22.PMID:15572716より作図

薬剤名

発生頻度(年間10000人あたり)

アトルバスタチン

0.5495CI 0.221.12

セリバスタチン

5.3495CI 1.4613.68

プラバスタチン

0.0095CI  01.11

シンバスタチン

0.4995CI 0.061.76

フェノフィブラート

0.0095CI 014.58

薬剤使用なし

0.0095CI 00.48

スタチン(※)+フィブラート

5.9895CI 0.72216.0

スタチン(※)

0.44(95%CI 0.200.84)

(※)アトルバスタチン、プラバスタチン、シンバスタチン

 

(関連:スタチンとマクロライド系抗菌薬(クラリスロマイシン・エリスロマイシン)の「併用注意」を考える)