読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

チオトロピウムカプセル:過量吸入による難治性頻脈

Accidental overdose of tiotropium in a patient with atrial fibrillation.[海外報告]

Ann Pharmacother. 2010 Feb;44(2):391-3PMID: 20118141

被疑薬:チオトロピウムカプセル(代表的な商品名▶スピリーバカプセル)

症例

 

74歳男性。心房細動で入院中。メトプロロールの投与で、心拍数は80~90beats/min.で安定。入院中誤ってスピリーバカプセルを1回に5カプセル(チオトロピウム90㎍)吸入

症状

 

15分後に心拍数80~16beats/min.0に上昇

 

疑われた

有害事象

チオトロピウムによる難治性頻脈

According to the Naranjo probability scale, our patient's development of tachycardia was probably associated with tiotropium inhalation.

その後の経過

頻脈の制御は困難で、5日間にわたり、フィゾスチグミン、酒石酸メトプロロール、ジルチアゼム等の薬剤により加療。11日後に心拍数は40代となったため、房室ブロックのための薬剤が減量

腎機能が低下している患者ではチオトロピウム過量吸入の有害事象が出やすいと考察されている。