読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

メトホルミン:乳酸アシドーシス・衝心脚気

低用量メトホルミン投与中に乳酸アシドーシスと衝心脚気を合併した2型糖尿病の1例

糖尿病Vol. 57 (2014) No. 3 p. 188-196

被疑薬:メトホルミン(代表的な商品名▶メトグルコ)

症例

 

症例は69歳,男性.アルコール依存症で近医に入院中。5ヵ月前よりメトホルミン500 mg/日,グリベンクラミド2.5 mg/日が開始

症状

 

5日前より嘔気,食欲不振が出現し,発熱,意識障害で搬送。アニオンギャップ開大の代謝性アシドーシス。ビタミンB1値が正常下限

疑われた

有害事象

本例の乳酸アシドーシスは,メトホルミンの副作用,ビタミンB1欠乏,心原性ショックが複合的に関与

その後の経過

脚気心を疑いビタミンB1の補充