読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

カナグリフロジン:脳血管障害

Cerebrovascular Accident in a High-Risk Patient During the Early Initiation Phase With Canagliflozin.

Ann Pharmacother. 2014 Apr 16. [Epub ahead of print] PMID: 24740468[海外報告]

被疑薬:カナグリフロジン(代表的な商品名▶本邦未発売SGLT2阻害薬)

 

症例

 

糖尿病管理のための基礎インスリン療法に加えて、canagliflozin 300mg/日の投与を開始された脳卒中リスク因子を複数持つ62歳女性

症状

 

canagliflozinの開始後15日間、失語を発症。画像検査により左大脳基底核、側頭、頭頂葉の急性梗塞を認めた

疑われた

有害事象

Canagliflozinによる脳血管障害

その後の経過

Canagliflozin中止、患者の基礎インスリンに加えてメトホルミン再開し、患者は、抗血小板、スタチン、および言語障害治療で対処