読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

トスフロキサシン:紫斑型薬疹

トシル酸トスフロキサシン (オゼックス®) による紫斑型薬疹の1例

 

皮膚Vol. 37(1995)No. 5P 558-562

[フルテキストPDF]

被疑薬:トスフロキサシン(代表的な商品名▶オゼックス)

 

 

症例

 

75歳, 女性。腎孟炎の治療のために投与されたトシル酸トスフロキサシン (オゼックス®) 450mg/日の内服

症状

 

内服4日目より四肢を中心に点状紫斑が出現し,

ほぼ全身に拡大

疑われた

有害事象

トスフロキサシンによる紫斑型薬疹

その後の経過

皮疹は約12日間で色素沈着を残して略治