読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

キチンーキトサン製剤:著明な出血傾向

キチンーキトサンの大量摂取により著明な出血傾向をきたしたと考えられた血液透析患者の1

日本透析医学会雑誌Vol. 39 (2006) No. 6 P 1197-120

フルテキストPDF

被疑薬:健康食品(代表的な商品名▶キチンーキトサン)

 

症例

 

52歳男性, アルコール性肝硬変の既往あり.

末期腎不全で血液透析療法を開始

症状

 

入院後, 透析用カテーテルを右内頸静脈に挿入,

穿刺30分後より挿入部から出血

呼吸困難となり気管内挿管後, ICUに入室.

APTT, PTの著明な延長, Thrombo Test (TTO), Hepaplastin Test (HPT) の著明な低下

疑われた

有害事象

急性Vit K欠乏症

その後の経過

Vit K製剤の投与開始後,

カテーテル刺入部からの出血は止血し,

凝固時間も速やかに改善

 

※キチンーキトサンの大量摂取により脂溶性ビタミン類(ビタミADEK)の吸収が抑制された可能性が考えられる