読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

ソラフェニブ:Stevens-Johnson症候群

肝細胞癌に対するソラフェニブ投与中にStevens-Johnson症候群を呈した1

肝臓Vol. 53 (2012) No. 11 p. 741-747

[フルテキストPDF]

被疑薬:ソラフェニブ(代表的な商品名▶ネクサバール)

症例

 

74歳男性.造影CTPET-CTにて診断された気管分岐部下部のリンパ節転移を伴うstage IVA肝細胞癌。肝機能はChild-Pugh score 5点,肝障害度Aと良好。

ソラフェニブを800 mg/日で開始

症状

 

14病日に発熱と体幹の紅斑が出現

ソラフェニブを休薬

疑われた

有害事象

16病日に紅斑の四肢への拡大と口唇のびらんが出現しStevens-Johnson症候群と診断

その後の経過

ソラフェニブ休薬とプレドニゾロンの経口投与により皮疹・発熱とも徐々に改善,第31病日にはプレドニゾロンを中止

 

HCCに対するソラフェニブ投与例において稀ではあるが重篤な副作用であり,頻度の高い副作用である手足症候群に加えて注意が必要