読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

リラグルチド: 麻痺性イレウス

リラグルチドが関与して生じた麻痺性イレウスの2

糖尿病Vol. 55 (2012) No. 12 p. 982-986

被疑薬:リラグルチド(代表的な商品名▶ビクトーザ)

 

症例

 

便秘の既往,15年以上の罹病期間,

糖尿病末梢神経障害および自律神経障害を有している患者

症状

 

腹部手術歴はなく,

リラグルチド導入時に前兆なく嘔吐にて突然発症

疑われた

有害事象

麻痺性イレウス

 

その後の経過

2例ともにリラグルチド中止にてイレウスの改善を認めた