読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

α-グルコシダーゼ阻害薬:門脈ガス血症

α-グルコシダーゼ阻害薬内服中に,門脈ガス血症を呈したが,中止後すみやかに消退した2型糖尿病の1例

糖尿病Vol. 56 (2013) No. 6 p. 368-373

被疑薬:ボグリボース(代表的な商品名‣ベイスン)

症例

 

78歳男性2型糖尿病、メトホルミン併用

症状

 

腹部膨満感,放屁,軟便と便秘を繰り返し、

その後臍上部の激痛

疑われた

有害事象

α-GI投与による門脈ガス血症

その後の経過

ボグリボースの内服中止・絶食とし保存的治療を行い,2日後の腹部CT検査で門脈ガスは完全に消失