読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

パロキセチン:SIADH

パロキセチン内服中に低ナトリウム血症を来し,SIADHと診断された食思不振の高齢患者

日本老年医学会雑誌Vol. 45 (2008) No. 1 P 90-94

[フルテキストPDF]

被疑薬:パロキセチン(代表的な商品名▶パキシル

症例

 

82歳男性,うつ状態に対してスルピリドを投与されていたがパーキンソニズムの副作用のため中止し、パロキセチン内服へ変更。その後食事,飲水ができない状況続いていた。

症状

 

低ナトリウム血症が出現。緊急入院。血清ナトリウ 126mEq/mlと低下.ADH測定感度以上,血漿浸透圧242mOsm/kg,尿浸透圧439mOsm/kg,尿中ナトリウム100mEq/l以上

疑われた

有害事象

パロキセチンによると思われるSIADH

その後の経過

中枢疾患や悪性腫瘍は否定され,薬剤性によるものと考え,パロキセチンの内服中止した.その後血清ナトリウム値は正常化し,自主的な経口摂取が可能となり退院した.

※.SIADHにより生じた低ナトリウム血症の症状(全身倦怠感,食欲不振など)は,抑うつ状態と類似しているため鑑別が困難になる症例もある