読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

アバタセプト:肺間質影の増悪

アバタセプト投与後に肺間質影が増悪した関節リウマチの1例

日本臨床免疫学会会誌Vol. 35 (2012) No. 5 p. 433-438

[フルテキストPDF]

被疑薬:アバタセプト(代表的な商品名▶オレンシア)

症例

 

55歳時にRAおよび間質性肺炎を発症。.間質性肺炎は副腎皮質ステロイド大量療法で改善。RAは多種の疾患修飾性抗リウマチ薬およびインフリキシマブに対して抵抗性。タクロリムス(TAC)が有効であったが難治性の掻痒感と下痢のため中止。ABTの国内第III相試験に参加

症状

 

ABT投与2日目から白色痰が出現.痰培養は陰性であり投与13日後に胸部CTを施行。2ヶ月前に比して間質影の増悪がみられたため,臨床試験は中止

疑われた

有害事象

ABTによる間質性肺炎の増悪以外に,TAC中止による間質性肺炎の増悪,RA増悪による間質性肺炎の悪化,ウイルス感染の関与なども考えられた

その後の経過

関節炎に対しABT投与27日後にプレドニゾロンを2 mg/日から10 mg/日に増量した.ABT投与44日後に胸部CTを再検した結果,間質影は改善傾向

新規抗リウマチ生物学的製剤であるABT投与後に間質性肺炎が増悪した症例はこれが最初の症例報告

(関連)リウマチに対する生物学的製剤