読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

インフリキシマブ:急性散在性脳脊髄炎(ADEM)

インフリキシマブ治療中にEpstein-Barrウイルス再活性化にともなって急性散在性脳脊髄炎を発症した1例

臨床神経学Vol. 50 (2010) No. 7 P 461-466

[フルテキストPDF]

被疑薬:インフリキシマブ(代表的な商品名▶レミケード)

症例

 

31歳女性

クローン病に対してインフリキシマブ投与

症状

 

投与開始11カ月後に無菌性髄膜炎を発症し一時軽快したが,その後に体幹失調や球麻痺が出現。嚥下障害,呼吸困難。

血清のEpstein-Barrウイルス(EBV)抗体は既感染パターンを示し,髄液・血液PCRにてEBV-DNAを検出

疑われた

有害事象

急性散在性脳脊髄炎(ADEM

その後の経過

ステロイドパルス療法を反復し症状は改善

抗TNF-α抗体製剤の副作用による脱髄が報告されているが,本症例は抗TNF-α抗体製剤投与中のEBV再活性化によって惹起されたADEMと考えられた。インフリキシマブの使用中に発症した中枢神経の脱髄については抗 TNF-α 抗体製剤自体による副作用のみならず,EBV の再活性化にともなう ADEM の可能性についても考慮する必要がある。

(関連)リウマチに対する生物学的製剤