読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

ビルダグリプチン:首下がり症候群(dropped head syndrome:DHS)

DPP-4阻害薬が原因として疑われた首下がり症候群の1例

日本内科学会雑誌Vol. 102 (2013) No. 6 p. 1464-1466

[フルテキストPDF]

被疑薬:ビルダグリプチン(代表的な商品名▶エクア)

症例

 

87歳,男性,糖尿病に対してDPP-4阻害薬のvildagliptin50㎎/日の導入

症状

 

導入後1カ月程で歩容の不安定化から杖歩行となり,約半年で頸が常時前屈位となった。血清CK値の軽度上昇に加え,頸部MRIで頸半棘筋および頸板状筋に一致してT2高信号域を認める。

疑われた

有害事象

ビルダグリプチンによる薬剤性の筋障害に伴う首下がり症候群

その後の経過

同薬を中止して3週間程で症状は改善し,杖なしで歩行可能となった.

※首下がり症候群(dropped head syndrome:DHS)は,頸部筋群の機能異常から頸が常に垂れ下がった状態を示す病態である