読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

インスリンアナログ:インスリンアレルギー

インスリンアナログ治療中にインスリンアレルギー及びインスリン抗体のため血糖不安定性をきたした2型糖尿病の1例

糖尿病Vol. 57 (2014) No. 6 p. 438-445

被疑薬:インスリンアナログ (代表的な商品名▶ノボラピッド)

症例

 

症例は83歳男性.経口血糖降下薬で2型糖尿病を治療されていたが,血糖コントロール増悪のため2010年9月にインスリンアナログ注射を開始

症状

 

翌年4月より血糖日内変動が不安定となり,注射部位に掻痒感を伴う膨疹・硬結が出現

疑われた

有害事象

ヒトインスリン特異的IgE陽性,インスリン皮内反応陽性でありインスリンに対する即時型アレルギー

その後の経過

内因性インスリン分泌能は残存していたためインスリンを中止し,アカルボース・シタグリプチンに変更したところ血糖不安定性は改善し,フェキソフェナジン投与によりアレルギー症状も消失