読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

メチレンジオキシメタンフェタミン:脊髄動脈瘤破裂

Posterior spinal artery aneurysm rupture after 'Ecstasy' abuse.[海外報告]

BMJ Case Rep. 2014 Jul 3;2014. PMID: 24994748

被疑薬:メチレンジオキシメタンフェタミン(代表的な商品名▶エクスタシー)

症例

 

10代の症例

症状

 

エクスタシーを摂取後、首の凝り、頭痛や吐き気

頭部CTで異常は認めなかったが、CT血管造影は、脳血管炎を示唆した。頸髄血管造影により動脈瘤を認めた

疑われた

有害事象

メチレンジオキシメタンフェタミン乱用後の脊髄動脈瘤破裂

その後の経過

動脈瘤の外科的切除