読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

ラベプラゾール:低マグネシウム血症

Hypomagnesemia associated with a proton pump inhibitor.

Intern Med. 2012;51(16):2231-4PMID: 22892510

[フルテキストPDF]

被疑薬:ラベプラゾール(代表的な商品名▶パリエット

症例

 

64歳の男性。5年のラベプラゾール(10mg/日)服用歴

アルコール多飲や喫煙なし。併用薬はシルニジピン、アトルバスタチン、メコバラミン、 リマプロストレバミピド、セレコキシブ、ザルトプロフェン

症状

 

吐き気、両足首の関節炎、四肢の振戦

マグネシウム(0.2 mg/dL), 

▶カルシウム(5.8 mg/dL) 

カリウム(2.3 mEq/L)

疑われた

有害事象

PPI誘発性低マグネシウム血症

その後の経過

ラベプラゾールを中止し、マグネシウム、カルシウム、カリウム電解質の是正をすると7日後には状態が安定し、症状が再発することなく、改善