読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

ゾニサミド:発汗減少

てんかん薬ゾニサミドによる発汗障害の1

皮膚Vol. 42 (2000) No. 1 P 58-62

フルテキストPDF

被疑薬:ゾニサミド(代表的な商品名▶エクセグラン)

 

症例

 

10, 男児。(身長139.5cm,体重34.0kg3歳よりてんかんがあり、ゾニサミドを内服していたが, 発作の出現が続くため徐々に増量(ゾニサミ ド1600mgジアゼパム4mgを内服)

症状

 

全身の発汗減少を認め, 熱発(屋内でも38.5℃)

初診時ゾニサミド600mg内服中で血中濃度75. 3

 (治療域10-30) μg/ ml

疑われた

有害事象

ゾニサミド大量投与による発汗減少

その後の経過

投与を中止したところ, 2日後から発汗を認めた。(ゾニサミド減量に伴い痙攣が発生したためカルバマゼピンを併用)