読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

向精神薬:嚥下機能低下

向精神薬による薬剤性嚥下障害例の検討

口腔・咽頭科Vol. 17 (2004-2005) No. 3 P 399-405

[フルテキストPDF]

被疑薬:向精神薬(代表的な商品名▶ソラナックス ユーロジン ドラール 等)

 

症例

 

男性9, 女性6例の計15例。平均65.6歳。(原疾患:うつ病10例と最多、非定型精神病, 身体表現性障害, アルコール依存症)全例にベンゾジアゼピン催眠鎮静薬, 抗うつ薬, 抗精神病薬などを1種類以上投与。6例では嚥下性肺炎の既往。

症状

 

嚥下造影検査では多くの例で咽頭リアランスが低下

8例で明らかな誤嚥

疑われた

有害事象

向精神薬の影響が考えられる

口腔期および咽頭期嚥下障害

その後の経過

投与薬剤の減量や変更が行えた症例では,

 嚥下機能の改善が得られた.