読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

緑茶抽出物飲料:低カリウム血症

緑茶抽出物飲料の過剰摂取により低カリウム血性ミオパチーをきたした1

臨床神経学Vol. 53 (2013) No. 3 p. 239-242

[フルテキストPDF

被疑薬:緑茶抽出物飲料に含まれるカフェイン(代表的な商品名▶ヘルシア緑茶)

症例

 

49歳男性。数日の経過で進行する四肢脱力により歩行できなくなった。肥満解消目的に,症状出現2週間程前より緑茶抽出物健康飲料を大量摂取。去痰目的に市販の総合感冒薬を10年間連日服用

症状

 

血清カリウム1.9mEq/lと低下しており,低カリウム血性ミオパチーと診断

疑われた

有害事象

カフェインの大量摂取による

カリウム血症

その後の経過

経口的にカリウム補充をおこなったところ,血清カリウム値,症状ともにすみやかに改善し,治療中止後も再発はなかった。第 11 病日に退院

なおウーロン茶により低K血症を起こした事例も見られる。

ウーロン茶多飲により低カリウム血症をきたした一例