読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

清涼飲料水:低カリウム血症

清涼飲料水の長期過剰摂取により低カリウム血症性ミオパチーを起こしたと考えられた2型糖尿病の1

糖尿病Vol. 57 (2014) No. 3 p. 197-203

被疑薬:清涼飲料水に含まれるカフェイン(代表的な商品名▶コカ・コーラ

症例

 

39歳,女性.過去10年間13Lから4.5Lのコーラを多飲

症状

 

口渇,嘔吐,四肢脱力を主訴に緊急入院。

血糖値638 mg/dl, HbA1c 14.3 %,尿ケトン体陽性

動脈血ガスpH7.42。アニオンギャップ16で代謝性アシドーシス。同時にHCO3- 30 mmol/lの代謝性アルカローシスが混在。著明な低カリウム血症(1.9 mEq/l)を合併。

疑われた

有害事象

コーラに含まれるカフェインによる低K血症

Kの細胞内シフトが原因)

その後の経過

抄録に記載なし

 

なおウーロン茶により低K血症を起こした事例も見られる。

 

ウーロン茶多飲により低カリウム血症をきたした一例