読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

アモキシシリン:出血性大腸炎③

Amoxicillinによる急性出血性腸炎1

日本大腸肛門病学会雑誌Vol. 37 (1984) No. 2 P 128-131

[フルテキストPDF

被疑薬:アモキシシリン(代表的な商品名▶サワシリン パセトシン)

 

症例

 

55歳男性

総経口量7.5gAmoxicillinの服用

症状

 

腹痛, 血性水様便を主訴。大腸内視鏡検査にて, 直腸, S状結腸の粘膜浮腫, 出血斑, 発赤

疑われた

有害事象

薬剤性急性出血性大腸炎

その後の経過

抗生物質の投与中止, 絶食, Salazosulfapyridine坐薬の投与。治療開始8日目に, 症状は軽快し, 大腸内視鏡検査にて, 病変の著明な改善を観察。第16病日に退院し