読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

インダパミド:低ナトリウム血症

インダパミド投与による低ナトリウム血症が原因と考えられた意識障害患者の1

臨床神経学Vol. 48(2008)No. 1P 52-55

被疑薬:インダパミド(代表的な商品名▶ナトリックス)

 

症例

 

83歳の女性

症状

 

高血圧治療のためインダパミドを開始し約2カ月後より悪心,嘔吐,食欲低下が出現し,頻回の転倒,意識障害もみとめられたため入院。低Na115mEq/l),および低K2.8mEq/l)血症

疑われた

有害事象

インダパミド投与による低ナトリウム血症

その後の経過

インダパミド中止により意識レベル,

ならびに電解質はすみやかに正常化し