読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

サイアザイド系利尿薬:低ナトリウム血症

サイアザイドによる降圧加療により意識障害を伴う低ナトリウム血症で緊急入院した2症例

日本老年医学会雑誌Vol. 47(2010)No. 3P 257-261

[フルテキストPDF]

被疑薬:ヒドロクロロチアジド/ロサルタン合剤他(代表的な商品名▶プレミネント他)

 

症例

 

78歳女性

64歳女性

症状

 

サイアザイド/ARB合剤内服開始2カ月後,嘔吐・腹痛で受診しNa 118 mEq/Lで入院

②サイアザイド系類似利尿薬内服開始1カ月後,嘔吐・下痢で受診しNa 111 mEq/Lで入院

疑われた

有害事象

サイアザイド利尿薬による低Na血症

その後の経過

①利尿薬中止18日後Na 139 mEq/Lに改善するもADHの相対的分泌亢進は残存し,K 5.0 mEq/LTTKG 3.5と遠位尿細管のmineralcorticoid作用低下は残存

②利尿薬中止後等張輸液で治療したが低Na血症が遷延し,2%高張食塩水で加療.21日後Na 149に改善したがADHの相対的な分泌亢進と遠位尿細管機能低下は残存