読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

ケトチフェン:薬剤性膀胱炎

フマル酸ケトチフェンによると考えられた薬剤性膀胱炎の1

日本泌尿器科学会雑誌Vol. 83 (1992) No. 11 P 1906-1909

[フルテキストPDF

被疑薬:ケトチフェン(代表的な商品名▶ザジテン)

 

症例

 

13歳の女性。5歳頃より喘息様発作にて発作時に抗喘息薬を内服。2歳頃から発作増強し, 抗喘息薬を各種内服

頻尿にて他院を受診し膀胱炎の治療を受けたが軽快せず

症状

 

膀胱鏡所見では膀胱全体に著明な発赤。各種抗菌剤でしばらく加療したが軽快せず, 頻尿および無菌性膿尿が持続

疑われた

有害事象

フマル酸ケトチフェンによる薬剤性膀胱炎

その後の経過

内服を中止し, 症状の軽快,

 尿所見の正常化がみられた