読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

ランソプラゾール/ラベプラゾール:視力障害

プロトンポンプ阻害剤により視力障害をきたした2症例

日本消化器病学会雑誌Vol. 97(2000)No. 5P 575-579

[フルテキストPDF]

被疑薬ラベプラゾール/ランソプラゾール:(代表的な商品名▶パリエット/タケプロン

 

症例

 

57歳女性(ラベプラゾール)

49歳男性(ランソプラゾール)

両症例とも糖尿病,慢性肝障害を合併し

症状

 

投与開始後短期間で急速に進行する視力障害

疑われた

有害事象

眼科的検査では前眼部,中間透光体,眼底に視力低下を説明する異常所見を認めず,視神経障害による視力障害

その後の経過

両症例とも薬剤中止により

視力は速やかに回復