読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

ビルダグリプチン:急性膵炎

Vildagliptin-induced acute pancreatitis.(海外報告)

Endocr Pract. 2011 May-Jun;17(3):e48-50PMID: 21324812

[フルテキストPDF]

被疑薬:ビルダグリプチン(代表的な商品名▶エクア)

症例

 

61歳の女性

2型糖尿病の治療のためのビルダグリプチン5週投与

症状

 

激しい腹痛

amylase, 1205 U/L; lipase, 8846 U/L

疑われた

有害事象

ビルダグリプチンによるものと思われる急性膵炎

その後の経過

10日間の救命処置後、回復期に3週間を要し、

その後膵内分泌不全のためインスリン療法を必要とした。

(参考:DPP4阻害薬と膵炎リスクに関する薬剤師地域医療日誌に掲載の疫学的研究)

DPP4阻害薬で膵炎のリスクは上昇しますか?

新しい糖尿病の薬(DPP4阻害薬またはGLP-1作動薬)には副作用がありますか?

インクレチン関連薬による急性膵炎リスクはどの程度ですか?