読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

アスコルビン酸:薬剤性食道潰瘍

ビタミンC錠による薬剤性食道炎の1

日本消化器内視鏡学会雑誌Vol. 31(1989)No. 7P 1820-1823_1

[フルテキストPDF]

被疑薬:アスコルビン酸(代表的な商品名▶ビタミンC

症例

 

45歳女性.

ビタミンC(アスコルビン酸)を就寝前に飲水せずに服用

症状

 

翌朝,嚥下時に咽頭部異和感が出現し来院内視鏡検査で食道入口部直下より25cmまでの間に全周性びまん性に白苔の付着を認めた

疑われた

有害事象

ビタミンC錠による薬剤性食道炎

その後の経過

粘膜保護剤服用にて,3病日に自覚症状は消失

10病日の内視鏡検査では病変は消失

 

本例で服用されたビタミンC錠は海外の市販薬で,大きさ19.3×8.1×7.6mm,pH2.42,アスコルビン酸含量995.6mg