読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

ジクロフェナク:重篤なアレルギー反応

経口ジクロフェナクナトリウムが原因と思われる重篤なアレルギー反応の1

有病者歯科医療Vol. 13(2004)No. 2P 79-83

[フルテキストPDF]

被疑薬:ジクロフェナクナトリウム(代表的な商品名▶ボルタレン

症例

 

30歳女性, 身長156cm, 体重45kg.

既往歴・家族歴特記なし

ジクロフェナクは生理痛に対し頻回の使用経験あり

症状

 

単純抜歯の50分後、オラセフ®250mgおよびボルタレン®50mgを内服,その45分後に悪寒を認め再来.嘔吐,顔面蒼白,意識障害および脈拍触知不能,激しい腹痛を訴え水様便

疑われた

有害事象

ジクロフェナクナトリウムによるアレルギー反応

リンパ球幼若化試験でボルタレン®は陽性

その後の経過

急速輸液、コハク酸ヒドロコルチゾン500mg,

臭化ブチルスコポラミン20mg静注. 25分で回復