読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

シタグリプチン:薬疹

2型糖尿病治療薬 シタグリプチン(グラクティブ®)により薬疹を生じた1例

皮膚の科学Vol. 11(2012)No. 2p. 160-164

被疑薬:シタグリプチン(代表的な商品名▶グラクティブ ジャヌビア)

 

症例

 

54歳,男性。2型糖尿病に対して

シタグリプチン(グラクティブ®)の内服をはじめた

症状

 

開始後72日目より,体幹四肢に浮腫性紅斑と

強いそう痒感が出現

疑われた

有害事象

シタグリプチンによる紅斑丘疹型薬疹

 

その後の経過

内服を中止したところ,症状は軽快

 

 

シタグリプチンは市販後調査において皮膚・皮下組織障害が167件報告されており,うち2件は Stevens-Johnson 症候群