読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

トスフロキサシン:固定薬疹

瘢痕部に誘発されたトシル酸トスフロキサシン (オゼックス®) による固定薬疹の1例

 

皮膚Vol. 42(2000)No. 2P 153-157

[フルテキストPDF]

被疑薬:トスフロキサシン(代表的な商品名▶オゼックス)

 

症例

 

61歳, 女性。もともと顔面, 上肢のはぼ同一部位に疼痛を伴う紅斑が年に数回出没し色素沈着を残して軽快している状態であった。膀胱炎のため近医にて種々の薬剤を投与され,自己判断にて内服

症状

 

上口唇, 頸部, 左耳, 左前腕, 及び右上腕の種痘後瘢痕部に拇指頭大までの暗紅色斑を認めた

疑われた

有害事象

オゼックスによる固定薬疹

その後の経過

薬剤を全て中止し,抗アレルギー剤の内服と

ステロイド剤の外用を行い皮疹は速やかに消退