読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

スルファメトキサゾール・トリメトプリム:TEN

バクトラミンによる Toxic epidermal necrolysis 1例について

皮膚Vol. 26 (1984) No. 3 P 603-604

[フルテキストPDF

被疑薬:スルファメトキサゾール・トリメトプリム(代表的な商品名▶バクタ バクトラミン)

 

症例

 

58才女性.。膀胱炎の診断を受 けて,リンコシン1,000mg

筋肉注射と,バクトラミン4,

レ フ トーゼ3錠、ブスコパン6錠の投与

症状

 

全 身の紅斑性の水疱形成と発熱。

疑われた

有害事象

誘発テストを行い

スルファメ トサゾールによるTEN

その後の経過

入 院後,ST,レ フ トーゼ,ブスコパンを中止,抗生剤含有のステロイド軟膏とアズノール軟膏の重層塗布、プレドニン3錠の内服で治療を開始。3週間後に治癒