読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

ピオグリタゾン:薬物性肝障害

ピオグリタゾンによる薬物性肝障害の1

日本消化器病学会雑誌Vol. 100 (2003) No. 3 P 333-336

フルテキストPDF

被疑薬:ピオグリタゾン(代表的な商品名▶アクトス

症例

 

51歳女性、2型糖尿病と高脂血症

グリベンクラミドなどで加療中

症状

 

ピオグリタゾンの追加投与開始81日後に,

肝細胞型肝障害

疑われた

有害事象

ピオグリタゾンによる薬物性肝障害

その後の経過

ピオグリタゾンの中止4週間後に肝機能は正常化

 

 

※トログリタゾンと類薬の本剤によっても肝障害のおこる可能性があり, 注意が必要