読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

アムロジピン,ロキソプロフェンナトリウム:薬物性肝障害

長期アムロジピンロキソプロフェンナトリウム服用にて高度の黄疸を伴った薬物性肝障害の1

肝臓Vol. 51 (2010) No. 4 P 169-174

[フルテキストPDF

被疑薬:アムロジピンロキソプロフェンナトリウム

(代表的な商品名▶アムロジン・ノルバスクロキソニン

 

症例

 

52歳,男性.6年前より高血圧,膝関節痛に対して,アムロジピンロキソプロフェンナトリウムを処方

症状

 

全身倦怠感,食欲不振が出現

その後も黄疸,肝障害が改善しない

疑われた

有害事象

アムロジピンロキソプロフェンナトリウム

による薬物性肝障害

その後の経過

両剤の服用を中止。

その後,T-Bil,肝胆導系酵素は順調に改善認めた