読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

クロレラ製剤:薬物性肝障害

発熱を主訴としたクロレラ製剤による薬物性肝障害の1

肝臓Vol. 40 (1999) No. 5 P 322-326

[フルテキストPDF

被疑薬:健康食品(代表的な商品名▶クロレラ製剤)

 

症例

 

74歳男性

症状

 

発熱と肝機能異常

疑われた

有害事象

クロレラ製剤による薬物性肝障害

その後の経過

健康食品であるクロレラ製剤の服用中止にて経過観察し,

 解熱および肝機能の改善が認められた