読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

スパルフロキサシン:横紋筋融解症

Sparfloxacinが原因と考えられた横紋筋融解症, 急性腎不全の1

日本透析医学会雑誌Vol. 34 (2001) No. 12 P 1505-1509

[フルテキストPDF]

被疑薬:スパルフロキサシン(代表的な商品名▶スパラ)

 

症例

 

78歳男性の尿路感染症に対しニューキノロン抗菌薬sparfloxacinと排尿障害に対しtamsulocinを投与

症状

 

投与開始10日後, 疼痛, 筋力低下。12日後に全身の麻痺

全身の浮腫, 発熱, 褐色尿を認め,

 血中のCPK, ミオグロビン, アルドラーゼの著明な上昇

乏尿, 血中クレアチニン, BUNの上昇あり, 急性腎不全を併発

疑われた

有害事象

sparfloxacinによる横紋筋融解症

その後の経過

入院2日目に血液透析, 3日目に血液濾過透析を施行。その後輸液, 利尿負荷にて全身状態, 腎機能は徐々に改善。入院25日目にはリハビリを開始。入院40日目に筋力も回復し退院