読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

防風通聖散:薬物性肝障害②

防風通聖散の長期服用中肝障害が出現し, 劇症化に至った1

肝臓Vol. 44 (2003) No. 11 P 579-585

[フルテキストPDF]

被疑薬:防風通聖散(代表的な商品名▶防風通聖散

 

 

症例

 

35歳男性、入院10カ月前から防風通聖散を服用

入院6週間前で肝機能障害は増悪いたにもかかわらず

5種の薬剤を新たに投与され, 防風通聖散はそのまま服用

入院1週間前から黄疸・皮膚掻痒感が出現

症状

 

入院時ALT 2996IU/l, AST 7174IU/l, T. Bil 15.1mg/dl, PT 30.6%2病日肝性昏睡2度となったため劇症肝炎急性型と診断

疑われた

有害事象

防風通聖散による薬物性肝障害

併用薬の影響が加わって最終的に劇症化

その後の経過

血漿交換および血液濾過透析とステロイドパルス療法を開始した. この結果意識清明となり肝機能も急速に改善したが, その後黄疸が遷延し, 肝機能は薬剤中止後4カ月に正常化