読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

防風通聖散:薬物性肝障害

防風通聖散による薬物性肝障害の1

日本消化器病学会雑誌Vol. 105 (2008)No. 8 P 1234-1239

[フルテキストPDF]

被疑薬:防風通聖散(代表的な商品名▶防風通聖散

 

症例

 

37歳の女性.

肥満症に対し薬局で購入した防風通聖散1カ月間服用

症状

 

服用開始から約2カ月後に黄疸

疑われた

有害事象

肝生検では門脈域と小葉内に炎症細胞浸潤を認めたが

線維化は乏しく急性肝炎と診断

その後の経過

注射用グリチルリチン製剤,ウルソデオキシコール酸など

肝庇護剤の投与のみで経過を観たところ,

ASTALTT-Bil などの順調な改善が認められた。