読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

ヒト・プラセンタ・エキス:可逆性脳血管攣縮症候群

ヒト・プラセンタ・エキス投与と関連があると思われたreversible cerebral vasoconstriction syndromeRCVS)の1

臨床神経学Vol. 52 (2012) No. 3 P 182-185

[フルテキストPDF]

被疑薬:ヒト・プラセンタ・エキス(代表的な商品名▶ラエンネック)

reversible cerebral vasoconstriction syndromeRCVS):可逆性脳血管攣縮症候群

 

症例

 

44歳の女性

更年期症候群の症状緩和・美白効果を目的にヒト・プラセンタ・エキス皮下注を2日に1回計6

症状

 

初回投与18日目に突然雷鳴様頭痛が出現,第4・第6病日にも眼球の奥をえぐるような激しい頭痛が出現

疑われた

有害事象

ヒト・プラセンタ・エキスにふくまれている女性ホルモンによるreversible cerebral vasoconstriction syndromeRCVS

その後の経過

12病日に頭痛は消失,頭部MRA再検で多発性脳血管狭窄はほぼ消失